読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツテなしフリーランス日誌

ツテが全く無いまま会社を辞め、我が道を行くフリーランスエンジニアのブログです



画面遷移プロトタイピングツールを15分間だけ色々試してみる

プロダクトの最初に大抵やること。それはペーパープロトタイプの作成!
 
作成したラフスケッチをペーパープロトとしてデバイス上で管理、動作をつけられる
アプリケーションを試してみました!
 
15分だけ!
 
なので、深い所は分かりませんが、最初に触った直感のみの感想を書きたいと思います。
 

Prott

prottapp.com

 

【用途】

【プロトタイプ対象】

【動作環境】

【特徴】

  • スマホのアプリのモックアップを作成するためのツール
  • 最初のチュートリアルでは、完成されているUIに対して、リンクと動作を貼っていく
  • 画像をアップロードして、その画像に対してアクションを設定する事がメイン
  • ワイヤーフレームを用意されているパーツを用いて新しく作成可能。
    • 基本的なパーツは揃っている。
    • 凝ったUIをこれを使って作成しようとすると難がありそう
    • 凝ったUIはそれこそ他のソフトやラフスケッチにして画像として取り込み、そこへのリンクを前提としている。
  • すぐにデバイスをモチーフとした形のプレビューを表示出来る
  • モバイル上でも編集、追加が可能。
 
日本製のアプリケーションということもあり、親近感が湧きます。
画像だけでなく、簡単なUIならワイヤーフレームの機能を使い、新規で作成できるので、
かゆいところに手が届くものになっていますね。
 
 

POP

popapp.in

 

【プロトタイプ対象】

【用途】

  • ペーパープロトタイプ画面遷移
【動作環境】
【特徴】
  • スマホのアプリのモックアップを作成するためのツール
  • 画像をアップロードして、その画像に対してアクションを設定する事がメイン
  • 画像からのみのモックアップ。新しくUIを一から作成することはできない
  • プレビューをすぐに表示可能。
  • モバイル上でも編集、追加が可能。
 
Prottとほぼ変わりません。ただ、UIを新しくアプリケーション上で作成できず、画像のみの使用となります。
その点を除けば他に大きな違いはありません。
 

Marvel

【用途】
  • ペーパープロトタイプ画面遷移
  • 簡単なUIをフリーハンドで描画できる
【プロトタイプ対象】
  • Desktop(Web)
  • Tablet
  • SmartPhone
  • Watch
【動作環境】
【特徴】
  • スマホ、PC、タブレット、Watchのプロト遷移を作るためのツール
  • 画像をアップロードして、その画像に対してアクションを設定する事がメイン
  • 簡単なUIをフリーハンドで描画できるCanvas機能
  • プレビューをすぐに表示可能。
 
ProttとPopと違い、ほぼ全てのデバイスの遷移のプロトを作れるというツールです。
シンプルで分かりやすく、アクションの文字もでかくてスッキリしてるなという印象です。
 
 

InVision

【用途】
  • ペーパープロトタイプ画面遷移
  • インスピレーション用Boards
  • Workflowを用いたかんばん形式のプロト管理
【プロトタイプ対象】
  • Desktop(Web)
  • Tablet
  • SmartPhone
  • Watch
【動作環境】
【特徴】
  • スマホ、PC、タブレット、Watchのプロト遷移を作るためのツール
  • 画像をアップロードして、その画像に対してアクションを設定できる
  • プロジェクトに関わっている人がインスピレーションを共有できるボードもある
  • Workflowを用いたカンバン形式のプロト進捗管理
  • プレビューをすぐに表示可能
  • LiveShare
  • ホワイトボード
  • スナップ写真
  • その他色々。。(多くて書ききれませんでした(汗))
 
ほぼ全ての環境でのプロトが実現できるツール。機能が豊富で、Workflowを用いたプロトの進捗も管理できます。
スマホとPCとタブレットとWatchのUIと。
色々な環境のUIのプロトを製作したいアプリには必見です。これは本当にすごいです!
 
 

調べて使ってみたいなと思ったもの

 
【チームで使うなら】
 
チームで使うなら是非「InVision」を使ってみたいです!!
コメントを一番残しやすく、WorkflowとBoardsがなんといっても魅力的でした。
自由度がとてもあるので、チームメンバーとはこれを使って盛り上がりたいですね。
 
【個人で使うなら】
 
個人で使うなら「Prott」を使いたいです!
日本製という親近感はやはり捨てがたいですし、プレビューを見せる時にデバイスをモチーフにして見せてくれるところとかが良いですね。
ささっと紙に書いて、ささっとアクションを貼って、ささっと確認するのにいいなとすごく思いました。