読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツテなしフリーランス日誌

ツテが全く無いまま会社を辞め、我が道を行くフリーランスエンジニアのブログです



JekyllとGithubPageで無料でブログかホームページ作成を!

GithubPageで簡単にブログもしくはホームページを作るために、
Jekyllという静的サイトジェネレーターを使用します。
 
 
Jekyllの何が良いかというと、DBを必要としないため管理がとても簡単かつサイトアクセススピードがとても早いという代物です。
 
また、Jekyllを使用すれば他のサーバーへの移行をする際も、
Jekyll環境をサーバーに構築するかもしくは、
ローカルでJekyllを使用してビルドした静的ファイルをWebサーバーにアップするだけなので、
DBを使う他のCMSと違い圧倒的に移行が簡単だというところです。
 
GithubPageはJekyllをもともとサポートしているので、
今回はGithubPageにJekyllで作成したものを乗せるところを紹介します。
 
まずは、Github側とローカルのGemのバージョンを揃えるためにGitHub Pages Gemをインストールします。
 

GitHub Pages Gemのインストール

  1. Jekyllのプロジェクトを作成するフォルダに移動して下さい。
  2.  Gemfile を作成します。
  3.  source 'https://rubygems.org' Gemfile の1行目に書き、次の行に gem 'github-pages’を書きます。Gemfileの例です。
     
    source 'https://rubygems.org'
    gem 'github-pages'

    これを書いておけば、以前は以下のように自分でバージョンを調べて列挙しなければいけなかったGemを書かなくてすみます。

    1. source 'https://rubygems.org'

      ruby '1.9.3'

      gem 'jekyll',     '=1.1.2'
      gem 'liquid',     '=2.5.1'
      gem 'redcarpet',  '=2.2.2'
      gem 'maruku',     '=0.6.1'
      gem 'rdiscount',  '=1.6.8'
      gem 'RedCloth',   '=4.2.9'
      gem 'kramdown',   '=1.0.2'
  4. PCのシステムに依存させないために、下記のようにpathを指定して、Gemをインストールしてください。
    (pathを指定すれば今後このプロジェクトでは、このフォルダ以下の指定したフォルダにしか今後Gemがインストールされません。)

    bundle install --path vendor/bundle  

 

 Jekyllのインストール

次に現在いる作業ディレクトリにJekyllをインストールします。
  1.  bundle exec jekyll new . --force を実行して下さい。ディレクトリにJekyllに必要なファイル郡が作成されます。
  2. 次に、vendor以下をbuildから除外するために、作成された_config.ymlに下記を最後の行に追加して下さい。

    exclude:
      - "vendor"
  3. Jekyll を起動させます。下記コマンドを実行して下さい。
     
     bundle exec jekyll serve
  4. ブラウザで、 http://localhost:4000 を入力し、Jekyllのデフォルトページが表示されていれば、正常な起動は完了です!
次に、GithubPageを作成するためにGithub上にリポジトリを作成します。
 

 Githubリポジトリの作成

  1. 自分のGithubページに移動して下さい。Githubアカウントを作成してない場合は作成して下さい。
  2. [username].github.ioのリポジトリを作成してください。[username]には自分のGithubのユーザー名を入力して下さい。(このとき、Readmeなど他のファイルを作成しないでください。)
  3. 先ほど作成したローカルのJekyllプロジェクトに移動し、下記コマンドを打って今作成したGithubリポジトリにPushして下さい。
    1. git init
    2. git add -A
    3. git commit -m ‘first commit'
    4. git remote add origin git@github.com:[username]/[username].github.io
      • [username]には自分のGithubのユーザー名を入力して下さい。
  4. https://[username].github.io をブラウザに入力し、ページが作成されている事を確認して下さい。
 
 
これで、GithubPageを使ってJekyllの環境を構築することが出来ました!!
Githubのアカウントさえあれば、いつまでも無料で使えるなんて最高ですね!