読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツテなしフリーランス日誌

ツテが全く無いまま会社を辞め、我が道を行くフリーランスエンジニアのブログです



gitのリモートリポジトリの設定と変更、設定ファイルの場所

GitのoriginのURLを設定するときのコマンドで、

git remote add origin <url>

と指定しますが、この<url>の部分のパスって結構間違えたりします。
なので、間違えた場合のURLの確認と修正方法について説明します。   

リモートの設定の確認

まず、今のremoteの設定状況を確認します。

git remote -v

  

先ほどの<url>git@github.com:kurisankaku/hoge.gitと設定したとします。
下記のようにリモートに設定したURLの状態が出てきます。

origin   git@github.com:kurisankaku/hoge.git (fetch)
origin  git@github.com:kurisankaku/hoge.git (push)

  

設定したURLがfugaではなく、hogeに間違っている事に、気づいたので、それを修正します。

  

リモートリポジトリのURLの変更

変更するときのコマンドは下記です。

git remote set-url origin <URL>

  

とするので、今回であれば、

$ git remote set-url origin git@github.com:kurisankaku/fuga.git

  

となります。確認すると、

$ git remote -v
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (fetch)
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (push)

  

正しく変更されていることが分かりました。

  

リモートURLが記載されているファイル

この設定が書かれているファイルがどこにあるかというと、
<プロジェクトのルート>/.git/config

に記載されています。なので、先ほどの状態であれば、

$ cat ./.git/config
[core]
    repositoryformatversion = 0
    filemode = true
    bare = false
    logallrefupdates = true
    ignorecase = true
    precomposeunicode = true
[remote "origin"]
    url = git@github.com:kurisankaku/fuga.git
    fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

なので、ここのurl = git@github.com:kurisankaku/fuga.gitを直接書き換えてもURLを変更することも出来ます。

  

リモートの追加と削除

あまりorigin 以外に追加することもないと思いますが、
追加する場合のコマンドは次です。

git remote add <追加する名前> <追加するURL>

  

例えば今回、staging という名前を追加する場合

$ git remote add staging git@github.com:kurisankaku/fuga2.git
$ git remote -v
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (fetch)
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (push)
staging git@github.com:kurisankaku/fuga2.git (fetch)
staging git@github.com:kurisankaku/fuga2.git (push)

  

と追加されたことが分かります。

削除する場合は、

git remote rm <削除する名前>

そして、今回は先程のstaging を削除する場合

$ git remote rm staging
$ git remote -v
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (fetch)
origin  git@github.com:kurisankaku/fuga.git (push)

と削除されました。

  

リモートの調査

特定のリモートの調査をする場合、次のコマンドでリモートが保持しているブランチが何があるかなど、詳しい内容が調べられます。

git remote show <調べたいリモート名>

  

リモートのヘルプ

リモートのコマンドのヘルプは下記で見られます。
オプションや他のコマンドもあるので、一度見てみて下さい。

git remote --help

いつも調べては忘れていたので、今回は色々調べてみました。
調べてまとめるとすっきりしますね。         

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (6件) を見る