読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツテなしフリーランス日誌

ツテが全く無いまま会社を辞め、我が道を行くフリーランスエンジニアのブログです



Unity iOSアプリをビルドする

UnityでiOSアプリをビルドする際に、必要な初期設定を行っていきます。

1. Xcodeのインストール

Xcodeをインストールしてください。Xcodeのインストール方法はこの記事では記載しません。

AppStoreなどから各環境に合わせてインストールをお願いします。

2. Platformの選択

1. メニューバーのFile -> Build Settingsを開きます。

f:id:kurisankaku:20170318143751p:plain

2. PlatformからiOSを選択し、「Switch Platform」を押してください。

f:id:kurisankaku:20170318154420p:plain

3. Bundle Identifierの設定

Player Settings -> Other Settings -> Identification -> Bundle Identifierを入力してください。

f:id:kurisankaku:20170318154434p:plain

4. Target SDKの設定

実機での実行環境を構築するか、シミュレータでの実行環境を構築するかを選択できます。

Player Settings -> Other Settings -> Configuration -> TargetSDKに構築したいSDKを選択してください。

  • Device SDK ・・・ iOSの実機で実行できる環境を構築します。
  • Simulator SDK ・・・シミュレータで実行できる環境を構築します。

f:id:kurisankaku:20170318154446p:plain

5. ビルド

Build Settings の「Build」を押し、xcodeのプロジェクトを作成します。

6. Xcodeで実行

作成されたxcodeプロジェクトをXcodeで開き、実行ボタンを押し、実行してください 。

リリース作業などは通常のXcodeでのアプリ作成と同じ手順で、作成することができます。

Androidビルド方法

Androidのビルド方法については、下記記事を参照してください。

www.kurisankaku.xyz